川の学校>第30回沼まつり

国営武蔵丘陵森林公園

第30回沼まつり

 10月18日に開催された沼まつりでは比企自然学校は沼で採れた水棲生物を展示する「ミニ水族館」と、捕れた魚を触ってみる「タッチングプール」それに「ザリガニ釣り」コーナーを運営しました。
ミニ水族館    
仕掛けた網に入った魚を引き上げ、分類して水槽展示。在来種がメインの優等生の沼です。みなさん関心を持って見学され、にわか講義が必要となり、スタッフは説明に大忙し。
     
タッチングプール    
恐る恐る水の中に手を入れて魚を追いかける。素早い動きになかなか捕まえられない。こどもたちの格闘が始まる。ヤスで捕られてきたウナギは比較的簡単にこどもの手に。魚と触れあえるので大盛況。まつりが終わってもなかなか店じまいできない程だった。
     
ザリガニ釣り    
こどもたちが真剣にさきいかを餌にザリガニと勝負。まつりも終わりの頃となると、ザリガニも飽きてきたのか掛かりが悪くなってきた。
     

更新:2015年10月27日