活動記録

最新版から日程順に遡り全活動を記載

 第34回森林公園沼まつり準備 2019.10/19 川の学校

 国営武蔵丘陵森林公園で開催される沼まつりの準備作業を行った。台風の影響か、沼の水を抜く作業が続いているが、流入水量が多いためだろう水面がまだ高い位置にある。明日は大丈夫?

    >>くわしく
 バードフィーダーつくり 2019.10/19 おとなの部活
 ついに納入数のバードフィーダーが完成した。
     
 地元の災害復旧支援活動② 2019.10/16 比企自然学校
 軽トラック4台、6名体制でチームを組み、災害廃棄物運び出し作業を昨日に引き続き行った。
    >>くわしく
 地元の災害復旧支援活動① 2019.10/15 比企自然学校
 「川の国応援団」比企自然学校メンバーが台風19号による川の越水、決壊氾濫被害にあった家々の浸水被災廃棄物の運び出し支援を行なった。
    >>くわしく
 バードフィーダーつくり 2019.10/14 おとなの部活
 体育の日の休日。里山センターにこもり、この秋、小学校設置予定のバードフィーダーをつくる楽しい工作。材料費にしかならない金額で設置作業までを行う「非営利」活動。「営利」活動だったらブラックだよね!と言いつつ。
     
 名勝玉淀カヌーツアー 2019.10/5 川の学校

 10月に入ったのに30℃になった暑い日に手作り3艇を持ち込んで総勢9人のカヌーツアーをおこなった。シャンペンシャワーのセレモニーをして、初漕ぎ出し。川の中から鉢形城のそそり立つ岸壁を見上げてきた。

    >>くわしく
 【カヌー工房】12 完成しかも2艇 2019.9/30 川の学校

 前後シートの取り付け作業と最終艤装作業。きれいに仕上がりました。完成です!

    >>くわしく
 【カヌー工房】11 仕上げ塗装 2019.9/28 川の学校

 ガンネル部、デッキ部、船体内面、船体外面の仕上げ塗装を行なった。

    >>くわしく
 【カヌー工房】10 全周ガンネル完成、シートづくり 2019.9/25 川の学校

 スォートを取付け、船体構造部は完成。前後席シートも完成。制作開始より1ヶ月。いよいよ完成が見えてきた。

    >>くわしく
 【カヌー工房】09 デッキ制作 2019.9/23 川の学校

 バウとスターンのデッキをつくり船体に取り付けた。

    >>くわしく
 【カヌー工房】08 全周ガンネル制作 2019.9/22 川の学校

 いよいよ仕上げ段階の縁周りのガンネルづくり。クランプの数に物を言わせる風景となる。

    >>くわしく
 【カヌー工房】07 FRP-3 内面グラスクロス張り付け作業 2019.9/20 川の学校

 内面グラスクロスの張り付け作業と外周ガンネル取り付けの下準備をした。

    >>くわしく
 健康マルシェに「里山薪」で出店! 2019.9/19 森の学校

 「健康」に留意したオーガニックなものなどの販売される中、ちょっと場違い的な「里山薪」の販売。認知度向上が主目的。

    >>くわしく
 【カヌー工房】06 FRP-2 両端内面グラスクロス張り付け作業 2019.9/14 川の学校

 モールド型から外し、内面研磨と両端の張り付け作業。

    >>くわしく
 【カヌー工房】05 FRP-1 外面グラスクロス張り付け作業 2019.9/9 川の学校

 浮きもなく綺麗に張り込んだ。

    >>くわしく
 薪づくり 2019.9/8 森の学校
 9月の3連休2回対策で薪づくりに励んだ。過去最強クラスの台風15号直撃に備えて庭の片付けやら、シート屋根をたたむなどの対策を行なった。(おかげで無事過ぎ去った)
     
 【カヌー工房】04 外面研磨 2019.9/7 川の学校

 みんな埃まみれになりながら、外面研磨完成!

    >>くわしく
 【カヌー工房】03 プランキング03 2019.9/5 川の学校

 プランキング完了!

    >>くわしく
 【カヌー工房】02 プランキング02 2019.8/31 川の学校

 プランキング7段作業。総段数14(全後端部は一部18段)となった。一番大変な広げて曲げてひねりを入れる固定作業だった。

    >>くわしく
 あつまれ!くらかけっこ! 2019.8/29 川の学校
 夏休みを締めくくる東松山市主催イベントがくらかけ清流の郷を会場に開催。市内の親子30組の参加で、鞍掛山散策と、都幾川での川遊びが2大プログラム。幸運な好天のもと盛大に行われた。
    >>くわしく
 【カヌー工房】01 プランキング01 2019.8/25 川の学校

 

 カヌー工房活動開始。カナディアンカヌー 制作の「起工式」。人手が多いのであっという間にプランキング7段作業。
    >>くわしく
 視察受け入れ 2019.8/23 比企自然学校

 川越比企地域振興センター(県職員)とふるさと回帰支援センター(NPO職員)の比企自然学校里山センター視察が行われた。活動に興味を持っていただき、(あまり無い)施設見学と活動紹介プレゼンテーション、それに意見交換を行った。

     
 シーカヤックショックコード更新作業 2019.8/20 川の学校

 タンデムシーカヤックのデッキにたくさんあるショックコードの交換作業を行なった。

    >>くわしく
 荒川上流調査(持ち込みカヌーで遊べる場所探し) 2019.8/18 川の学校

 玉淀ダム上流(玉淀湖)でのカヌー接岸可能場所探しに尋ねて行った。モンベル長瀞の情報から、渓谷沿いでは接岸可能ポイントが私有地であったりして地元ツアーや体験教室への参加以外無理なことがわかった。

     
雨仕舞性能確認と除草・清掃 2019.8/13 古民家再生
 庭先に急激に繁茂する夏草の除草作業。それに10畳の広さのあるシート張り屋根の雨仕舞性能確認。ショックコードのテンションによりうまい排水ができていた。落ちた雨水の排水ができていないので竹樋などで誘導。
    >>くわしく
薪づくり 2019.8/13 森の学校
 引き続き、人手が増えて作業。台風の影響で突発的な豪雨にも遭遇しながらとりあえずの一区切り。これで夏のハイシーズンは乗り切れるだろう。
     
薪づくり 2019.8/12 森の学校
 猛暑の中、久々の作業が行われた。
     
2019丘陵夏祭 協賛 2019.8/10 比企自然学校

 高坂丘陵地区夏祭の協賛を行いました。

 キャンプ支援3 2019.8/5 おとなの部活
 小学生たちの3日間の林間学校。竹細工で水鉄砲やお椀、箸など作った。流しそうめんの樋の作業を手伝う。これから地元民が気づかない魅力いっぱいの体験活動がここを拠点に徒歩圏内で行われる。
     
 暑気払い「ちゃんちゃん焼き」 2019.8/4 おとなの部活
 猛暑が続く中、鮭の到来のおすそ分けで、みんなでちゃんちゃん焼き。絶品をいただいて、日本を取り巻くホットな世界情勢をもうひとつの肴にして四方山話に花が咲きました。
     
 八朔玉淀カヌーツーリング 2019.8/1 川の学校

 14人の参加で玉淀で遊んだ。それぞれタイプの異なる4艇。目玉はタンデムシーカヤック。ラダーの性能を実感できた。

    >>くわしく
 カヌー工房への第一歩 2019.7/28 川の学校

 軒先にシート屋根延長工事を行い、作業スペースが生まれた。

    >>くわしく
 キャンプ支援2 2019.7/22 おとなの部活
 今回は三泊四日日程の中国の小・中学生キャンプアクティビティ支援を行いました。地元交流をメインに、日本の日常を知ってもらう内容としました。
    >>くわしく
 カヤックの新しいなかま 2019.7/20 川の学校

 タンデムシーカヤック(NANOK South Lagoon VR)を譲り受け新しく活動の仲間に加わった。

    >>くわしく
 海の日を「川の日」にするイベント 2019.7/15 川の学校
 川の国応援団精鋭4名のオッさん達で荒川デビュー。海の日を楽しい「川の日」にしたカヌーツーリングでした。
    >>くわしく
 手作りカヌー初漕ぎ出し 2019.7/13 川の学校
 都幾川鞍掛堰上で初漕ぎ出し。カナディアンカヌーの性能を確認した。
    >>くわしく
 キャンプ支援 2019.7/6 おとなの部活
 夏のキャンプシーズンとなり、比企自然学校里山センターを拠点に体験学習など行われています。今回は二泊三日の日程のキャンプアクティビティ支援を行いました。
    >>くわしく
 カヌー工房トライアル艇 2019.7/5 川の学校
 自分たちで作れるかのトライアル艇が持ち込まれた。
    >>くわしく
宮前小総合的学習授業「里山とビオトープ」

2019.6/27

川の学校

 五年目の五年生への一時限の授業。恵まれた自然環境の中に立地する小学校なのでみなさん気づいていないのかもしれないが、すごいところなんだよと気づきが生まれると良いのだが、下手な説明でどこまで理解してもらえたかは・・・?。

    >>くわしく
 庇のシート張り替え 2019.6/26 古民家再生
 梅雨に入り雨つづきだったので、紫外線劣化した屋根シートから雨漏りがあり修理できなかった。やっとピンポイントで晴れたので、ここぞとばかり張り替え作業など行なった。
    >>くわしく
環境大臣表彰に伴う市長表敬訪問 2019.6/24 川の学校

 「比企の川づくり協議会」の長年にわたる活動に対して環境月間表彰があった。その報告として東松山市長表敬訪問が行われ、協議会メンバーとして参加。その表彰状は比企自然学校に掲示されています。

    >>くわしく
カヌー完成展示 2019.6/23 川の学校

 一足早くカヌー模型(縮尺10分の1)が完成。比企自然学校に展示。

    >>くわしく
 片付けざんまい パワースポット化 2019.6/5 古民家再生
 旗立木鼻が軒先に鎮座した。交通安全・無病息災・・・ご利益はこれから期待!
    >>くわしく
 バードフィーダーその後のその後 2019.6/5 おとなの部活
 猫の居座り。鳩の長居。いろんないきものを引き寄せている。それを観察する人も結果的に引き寄せられている。
    >>くわしく
「身近な水環境の全国一斉調査」 2019.6/2 川の学校

 比企の川づくり協議会が分担する都幾川の東松山市流域分の調査に参加。CODとECの2項目を四箇所で計測した。

     
 トイレの改修 2019.6/1 古民家再生
 懸案だった男子トイレの暖房洗浄便座を交換した。世間並みのリモコン付きになった。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -24- 2019.6/1 森の学校
 これから夏場に向かって暑さ対策で強力な扇風機を導入した。
     
 新バードフィーダー完成 2019.6/1 おとなの部活
 小さなサイズの2号バードフィーダーが完成。初代の横に設置しすぐに隣で慣れたスズメが来るようになった。
     
ヨット確認会 2019.6/1 川の学校

 久しぶりにきれいに清掃して艤装などしてみた。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -23- 2019.5/25 森の学校
 5人がかりで薪割り。伐採木ほとんどの薪割りが終わり、今シーズンの処理が完了。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -21,22- 2019.5/18 森の学校
 週末イベントの合間に断片的に薪割り作業で汗を流した。ずいぶん進んだが、作業が終わると清々しいそよ風でホッとする休憩。もう少しで今シーズンの伐採木の処理が完了する。
     
カナディアンカヌー体験 2019.5/18 川の学校

 カヤックばかりでなくオープンデッキの(アウトドア派王道)カナディアンカヌーの体験を行なった。

    >>くわしく
 バードフィーダーその後 2019.5/12 おとなの部活
 「すずめのお宿!」になった。まだ、ここに餌があるのはスズメのみ知るところ。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -20- 2019.5/11 森の学校
薪割り。初夏の陽気の中汗を流した。すなおなコナラの玉切りがほとんど。約3立米ほど作った。あと同量程度の薪割りが待っている。
     
東松山県土整備事務所定例打合せ会議 2019.5/9 川の学校

 比企の川づくり協議会と県土整備事務所との打合せに末席参加。今年度の地元河川の整備計画など伺い意見交換を行った。課題山積ではあるが、地元の意見をお聞きいただき、少しでも安全で自然豊かな河川になっていけばとの有意義な議論ができた。

     
 バードフィーダー完成 2019.5/6 おとなの部活
 立夏 完成! バードウィークが待っています。
    >>くわしく
 延長庇の屋根工事 2019.5/6 古民家再生
 屋根は耐候性の高いシートということでトラック荷台用を入手。それなりの屋根葺き作業が完了。
   
 バードフィーダー 2019.5/5 おとなの部活
 材料が豊富にあるので、昨年の巣箱作りから今年はバードフィーダーを作ることに。凝ったデザインでまずはこの拠点用に試作1号!
     
 庇の延長 2019.5/5 古民家再生
 みなさんの要望があった庇の拡張工事を行なった。骨格材料費は相変わらずのゼロ。これで庭先で何でもできるマルチスペースが広くなり、活用の幅が広がることになる。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -19- 2019.5/4 森の学校
初夏の陽気。延長庇の下での作業では日差しが厳しい。カーサイドタープで日よけを作って優雅に薪づくりとなった。快適!
     
春爛漫都幾川カヌーツーリング 2019.5/3 川の学校

 憲法記念日に比企自然学校会員イベントとして14名が参加。サポート隊と川下り隊の2つに分かれて都幾川のくらかけ清流の郷から矢来堰までカヌーツーリングを楽しみました。

    >>くわしく
カヌー体験・練習2 2019.5/1 川の学校

令和の新元号1日目。水辺にフジの花咲く快適な天候の下、前回同様の練習会・体験会を行った。

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -18- 2019.4/29 森の学校
薪づくり。ゴールデンウィークは絶好のキャンプンシーズン。ファミリーキャンプには欠かせない薪の準備もそれなりに。薪割りが進んでいくと薪棚の整理も必要になり、会員用の来シーズンに備えた薪運びも行った。
     
カヌー体験・練習 2019.4/28 川の学校

世間では10連休と何かと取りざたされている2日目、計画されていた鮎の識別放流イベント延期となり、急遽暇を持て余してしまった会員が集まり、快晴ということもあり、5月3日の川下りイベント前の練習会・体験会となった。

    >>くわしく
 じゃがいもの植え付け 2019.4/21 おとなの部活
 一番手間がかからず美味しい作物!ということで玄関脇のスペースに2畝のじゃがいも畑が始まりました。
     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -17- 2019.4/21 森の学校
薪割り! 入り口の薪棚に新しい薪が積み上がり、見事!
     
 たけのこ水煮2019 2019.4/20 おとなの部活
 今年はちょっと遅い。やっと出た初物たけのこを水煮。採りたてアク抜き不要の水煮。美味しくいただきました。
     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -16- 2019.4/18 森の学校
倉庫が雑然としているので、棚を増設して整理整頓。やっと庫内に入れるスペースができた。伐採シーズンは終了にとなるので機材のメンテナンス作業が残る。
     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -15- 2019.4/17 森の学校
薪づくり。一区切りまで完了。ついでに薪割りもちょっとやった。
     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -14- 2019.4/16 森の学校
刈払い機のエンジンが吹けなくなった。長い間混合ガソリンが入ったままだったので、燃料ダイアフラムがだめになったようだ。部品を入手して分解し組み付けた。同類機に同類現象が出てきており予断を許さない。使用後のメンテナンスが課題だ。
     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -13- 2019.4/13 森の学校
10連休のゴールデンウィークが近い。薪づくりに励む。
     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -12- 2019.4/7 森の学校
伐採時に片付けられていなかった粗朶(柴)の整理作業を行なった。これにて今シーズンの山作業は終了。
    >>くわしく
鞍掛清流の郷プレオープンBBQ 2019.3/26 川の学校

4月1日オープンに向けてのセレモニーとBBQ。「川の国応援団」青色軍団が一大勢力となっていた。川遊びやカヌーでお世話になるので今期の安全を祈りつつ舌鼓。

     
薪割り体験イベント 2019.3/25 森の学校

春休み薪割り体験イベント。初めての斧による薪割り体験。振り下ろす斧の行方は足元(?)でハラハラドキドキ。その後エンジン薪割り機の作業を見てもらって、主に薪運び・薪積み作業で汗をかいてもらった。お昼は羽釜で薪による炊飯。美味しくいただいた。

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -11- 2019.3/20 森の学校

暖かくなってきたので、慌ててシイタケの駒打ち作業。よい原木がないが、少し作れたので仮伏せ。

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -10- 2019.3/10 森の学校

薪づくり!

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -9- 2019.3/8 森の学校

気合いを入れての薪割り・薪づくり!結果はこの山。

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -8- 2019.3/3 森の学校

天気予報では夕刻より雨。ところが、みんな集まったところで朝から雨。やれるだけ薪割りすることにしたが雨足が激しくなり2立米近く薪割りをして慌てて終了。残念!

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -7- 2019.3/2 森の学校

集まったメンバーで薪づくり。相当数作った。

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -6- 2019.2/24 森の学校

相変わらずのコナラの大木2本(樹齢50年程度)を伐採。今日の違いは、女性作業者が薪運び出しなど行なっていただいたこと。力仕事ながら感謝!また、新規会員が増えました。

     
薪割り機修理 2019.2/20 森の学校

今シーズン初めての使用で問題発生。エンジンオイル漏れを低予算で修理。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -5- 2019.2/20 森の学校

ご近所屋敷林の樫の木を玉切りにしていただいてきた。

     
蘖造(ひこばえづくり)2019 -4- 2019.2/17 森の学校

コナラの大木2本(樹齢50年程度)を伐採。手慣れた状態で作業は進んだが、通行止めは山に入る車にちょっとの間お待ちいただいた。

     
宮前小総合的学習支援(どんぐりやまビオトープ) 2019.2/14 川の学校

2月14日午前中2時限のフィールドワークの支援参加。林内倒木整理と落ち葉掻き、沢の落ち葉上げ、階段整備、木道整備と盛りだくさん。地域と中学生の支援もありまとまった良いイベントとなっていた。

    >>くわしく
 おとなの部活の紀元節 2019.2/11 おとなの部活
 街に行くと春節の旅行者が溢れているが、こちらは男の手料理の遅ればせながらの「新年会」を開催。人生経験豊かな方々の逸話を聴きながらこたつでぬくぬくと談笑の午後でした。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -3- 2019.2/10 森の学校

昨日の雪で今日の作業となった。直径40センチのコナラ伐採と、昨秋台風で倒れた木の始末。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -2- 2019.2/3 森の学校

今シーズン初めての伐倒作業。みなさん気合が入って、大木4本を倒して、玉切りして、運搬した。あっという間に感を取り戻したか、うまい連携プレーでバシバシと片付けてしまった。

    >>くわしく
川の再生交流会 2019.2/2 川の学校

埼玉県主催の大イベントに参加。今年も川の国応援団で活躍されている方々と交流できた。

    >>くわしく
電動薪割り機 2019.2/1 森の学校

新たに自前小型電動薪割り機を導入した。

    >>くわしく
環境学習会「プラ1ゴミのゆくえ」 2019.1/31 森の学校

環境問題の勉強会「環境学習会」に参加。同じ環境の問題ながら、ゴミには疎いので学んできました。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2019 -1- 2019.1/13 森の学校

時間が合わずに個別作業が始まっていたが、今年最初のチームプレー。積み木が出来上がった。これから「積み木崩し」で処理していくことに。みなさん忙しくて、人手が集まらないので「きこり生活」が始まらない。

     
 クリスマスリース 2018.12/24 おとなの部活
 ゴールドクエストの綺麗な枝葉でまるめて作りました。簡単な作業で殺風景な里山センターがそれなりの季節の装い!
     
 ご近所探訪ツアー 2018.12/16 おとなの部活
 日曜日の薪づくりは五人も集まった。おかげですぐに終わってしまい、最近新聞に載った話題のスポットに行こうということになり、「権次郎の情景模型展」とエコビレッジ・東松山のカフェ「百水」にてのランチと古民家再生の見学となった。
    >>くわしく
環境学習会 視察研修 2018.12/15 森の学校

東松山市環境基本計画市民推進委員会による環境学習会視察研修。今回は石坂産業。産業廃棄物の処理は大変だが、リサイクル率98%という先進的会社。その付属施設の「三富今昔村」にあるツリーハウスは一見の価値あり。今度、作ろう!

     
メガソーラー講演会参加 2018.12/2 森の学校

鳩山町今宿コミュニティセンターで行われたはとやま環境フォーラム主催の「講演会」に参加した。昔ゴルフ場、今メガソーラー設置で環境が脅かされている鳩山町で、専門家を迎えての講演。鳩山町長もあいさつに立ち、認識の重大性を物語っていた。環境に優しい持続可能な設備設置が里山環境を壊しながら作られている矛盾をどうしなければいけないか?根本的な投げかけだ。

     
 森の学校「蘖造」決起集会 2018.11/24 おとなの部活
 落ち葉も多くなり、いよいよ里山管理シーズンになるので、「川の学校」での成果物を肴に男の手料理で「森の学校」開校式(?)を開催した。
    >>くわしく
 倉庫移設と庭整理作業 2018.11/23 古民家再生
 勤労感謝の日だというのにみんな集まって倉庫移設と庭の片付け作業を行なった。倉庫移設よりも庭石をちょっと動かすにの思わぬ重労働となった。
    >>くわしく
 月の輪小ビオトープ総合学習支援 2018.11/21 川の学校

 学校敷地の南東角地に作られている「学校ビオトープ」の総合的学習の授業の支援を行なった。授業とフィールドワークだったが、積極的な質問もあり、楽しく行えたが課題山積も理解できた。

     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -33- 2018.10/31 森の学校

薪づくり

作業の傍らでストーブで湯沸かしやら石焼き芋づくり。作業しながら楽しみも。

     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -32- 2018.10/30 森の学校

薪づくりと軽トラ修理

薪づくりと並行して、比企自然学校で活躍している軽トラの修理作業。運転席のガラス昇降機構が壊れたので分解整備。ガイドランナーからの脱線が原因。アライメントの調整で済んだ。

     
 コダヌキ 2018.10/27 おとなの部活
 里山センターの庭にコダヌキがひょっこり。昼間なのに何で〜。匂いにつられて出てきたのかな?
     
 第33回沼まつり 2018.10/21 川の学校

 沼まつりの「沼の魚展示」「タッチングプール」「ザリガニ釣り」「こどもウナギつかみどり大会」を当日スタッフ6名で担当し、好評でした。

    >>くわしく
第19回環境みらいフェア 2018.10/20 森の学校

市民プロジェクトとして「蘖造:ひこばえづくり」で参加しているので、活動紹介と里山再生活動の副産物から作ったきこりのろうそくと巣箱を販売した。

    >>くわしく
 沼まつり準備 2018.9/19 川の学校

 日曜日に開催される「第33回国営武蔵丘陵森林公園沼まつり」において生物展示などを担当しているため会場の「あざみくぼ沼」にあいにくの小雨模様の中もんどり網を仕掛けた。

     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -31- 2018.10/17 森の学校

薪づくり

いよいよ秋めいて「火」の恋しくなるシーズン。在庫もなくなり、薪づくりに精を出しました。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -30- 2018.09/22 森の学校

単管クレーン三脚

従来の2脚から、自立式3脚に改造した。

    >>くわしく
 ひまわり2 2018.9/21 おとなの部活
 ナスやキュウリの庭先畑は今や立派なひまわりに。ひまわりは夏の花と思っていたら、霜が降りるとだめだけれど、季節に関係ない花のようです。綺麗に咲いています。
     
 草取り作業 2018.9/16 おとなの部活
 3連休、もう管理人と化したKTさんが、2日間庭周りを綺麗に除草。お彼岸に近所の方が通られる道筋にあたりやさしい思いやり。
     
 ひまわり 2018.9/10 おとなの部活
 初夏に入り口の畑で咲いていた大輪のヒマワリの種をもらい受け、育てたところ大きくなり花が咲いた。コナラ実生の空いているところに開花しており、コナラの育苗挫折部分を補っている。
     
 川遊び支援(ガールスカウトイベント) 2018.9/1 川の学校

 夏休み最後の週末の川遊び。規律正しいガールスカウトのイベント支援を行いました。

    >>くわしく
 あつまれ!くらかけっこ! 2018.8/23 川の学校

 東松山市主催の40組親子参加による野外体験学習イベントを環境「市民団体」として活動に参加しました。

    >>くわしく
 エビの抱卵 2018.8/20 おとなの部活
 水槽に飼われているエビの腹部に黒丸何個か。抱卵が確認できました。
     
 除草 2018.8/3 おとなの部活
 殺人的猛暑だというのに、綺麗にしたいという欲求が強いので、早朝より除草作業。軽トラック2回もクリーンセンターに運び、おおよその草は無くなりました。ついでに庭先農園も更地に。
     
 ハス開花 2018.8/3 おとなの部活
 朝からまさかの開花。綺麗な花が午前中楽しめるようになりました。一輪だけのハスまつり。
     
 カヌー体験中止 2018.7/29 川の学校

 週末カヌー体験が行われることになっているので、準備に奔走。週末直撃の台風12号。インフレータブルカヤック5艇は5日間車の中で出番がなくずっと待機で終わってしまった。天候相手のイベントは、時には残念なことも。

     
 メダカ 2018.7/19 おとなの部活
 バスタブビオトープ池ではハスも植えられ、絶好の環境になったので、6月生まれのメダカたちを小さなガラスの水槽より放流しました。
     
 川遊びデビュー支援 2018.7/15 川の学校

 約30名の親子参加者による川遊びの基本体験イベントを支援しました。 安全な川遊びと楽しさを理解していただいた1日だった。

    >>くわしく
こども動物自然公園クロカンコース特別解放 2018.7/14  
6月にオープンすると話のあった長年使途の不明なままだった動物公園バックヤードエリアが「特別解放」ということで近隣の方々への内覧的イベントがあった。本格オープンはまたまた延びて来春とのこと。歩行者用散策路は管理道路のアスファルト舗装。どちらかというと動物公園内道路を歩いている様な感じ。クロカンコースはウッドチップが敷き詰められ、クッション性は良さそうだが、足腰が鍛えられそうな構造だ。来春が楽しみ!
     
新宿小総合的学習支援3年生 2018.7/13  

新宿小の近くを流れる市野川の水生生物観察と川遊びへの支援を行なった。猛暑の中、タモ網を持ってガサガサに興じたりライフジャケットを着ているので浮いて流れたり、楽しいひと時を過ごした。今回は巨大なまずが圧巻。

     
新宿小総合的学習支援6年生 2018.7/6  

あいにくの雨模様だったので、急遽会場を体育館にして川のいきものの展示と学習。熱心に市野川で獲れた水槽の魚類を観察した。巨大うなぎもいて川の豊かさを感じ取ったと思われる。それに水質調査として東松山市を流れる3つの河川の水を使ったPACテストによるCODの差を確認した。それぞれ見た目にも濁り具合が異なり、数値となって出て実感できたと思う。

     
宮前小総合的学習支援 2018.7/2  

「里山とビオトープ」という題で5年生約80人に1時限の授業を行った。春先の作業でトウキョウサンショウウオ卵塊が見つかったようで、種の同定がこの講義でできたとのことで、盛り上がりました。みなさん真面目にメモを取り、質問もすごかった。

     
 庭先畑:キュウリ柵 2018.6/24 おとなの部活
 苗をいただいたので、カボチャかキュウリか判別つかず。大きくなってきたので葉からキュウリと判明。さっそく篠竹で上に伸びる柵を作成。連日の好天で成長は早い。
     
 GGカヌーツアー 2018.6/12 川の学校

 約20名のGG参加者でちょっと水量が増した都幾川鞍掛堰の上流でカヌーツアーを行いました。

    >>くわしく
 ジャガイモ収穫・完璧清掃 2018.6/9 おとなの部活
 庭先畑の収穫作業。収量は元の15倍!
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -29- 2018.06/09 森の学校

乾燥促進用きこりのろうそくづくり

先週伐倒した杉大木の乾燥促進のため、きこりのろうそくづくりに励んだ。これで早期の商品化が見込めるのではと・・作業が進む。

    >>くわしく
 荒川流域一斉水質調査 2018.6/3 川の学校

 比企の川づくり協議会受け持ち分の都幾川の水質調査部分に参加した。越辺川合流地点付近から鞍掛橋までの4箇所。日頃川遊びでしか接していない川だが、真面目な取り組みに参加すると違う方向から見ることができた。ちょうど田植えシーズンなのだろうか、水量が極端に少ない。

     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -28- 2018.06/02 森の学校

児沢杉大木伐倒

久々にメンバー集まって屋敷林の杉大木を伐った。見事なチームワークだった。

    >>くわしく
 川遊びイベント用現地指揮所テント 2018.5/30 川の学校

 カーサイドリビングテントを試し張り。川遊びに使えそうなことがわかった。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -27- 2018.05/29 森の学校

チェーンソーの点検整備

日常点検もままならない中、調子も悪いのも出てきたので一斉点検を行った。

    >>くわしく
 川のボランティア体験講座 2018.5/12 川の学校

 比企自然学校も主催団体に名を連ねたイベントが児沢を会場に行われました。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -26- 2018.05/04 森の学校

コナラ実生苗

将来の里山再生の一環として、どんぐりからの実生を試験的に開始しました。苗として里山林に戻るのを期待!

    >>くわしく
 今年鞍掛初漕ぎ出し 2018.5/3 川の学校

 都幾川鞍掛堰上流でカヤックとゴムボートを持ち込んで今年初の漕ぎ出しをした。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -25- 2018.05/02 森の学校
念願の西川杉の丸太が手に入ったので、きこりのろうそくの新作を作ってみた。8当分に入った切れ込みは美しい!
    >>くわしく
 湯殿八橋 2018.5/1 古民家再生
 児沢で3年前に伐採し半割りで乾燥させていた杉材を電動カンナで表面を仕上げ、湯殿(別棟浴室)との渡り廊下を作った。有名なカキツバタの観賞用架け橋の「八つ橋」の造りにして足りないところは板張りで繋いだ。
    >>くわしく
 丸太ベンチ・テーブル制作 2018.4/29 おとなの部活
 今年伐倒で薪にするには大きすぎて面倒なの二又幹の大木部分をテーブルに加工して、天板部分を仕上げた。また、使い道がなく長年半割りにして寝かせてあった杉の大木をベンチに加工した。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -24- 2018.04/22 森の学校
6人作業で薪づくり。とてつもない暑さで、お昼はそうめんを作っていただくことになった。その前からたけのこの水煮が行われていたので、味付けをした惣菜付きで旬の「春」と一足早い「夏」を堪能。あ・つ・い。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -23- 2018.04/20 森の学校
3人作業で薪づくり。ゴールデンウィークまでに・・と結構真剣。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -22- 2018.04/14 森の学校
6人作業で薪づくりと里山センター内薪の整頓。見違えるように綺麗になったのと、多量の薪が積み上がった。
     
 たけのこ水煮 2018.4/14 おとなの部活
 いよいよ春本番。たけのこの「はしり」を楽しむ。かまどに横で作っている薪束の破片を投入し、採ってすぐに水煮開始。アク抜き不要で絶品に仕上がります。皆さん持ち帰り、竹の子ご飯などに・・・
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -21- 2018.04/09 森の学校
今年は春が予想外に早い。駒打ちシーズンは終わってしまい、原木栽培用にとっておいたコナラを薪にすることにした。
    >>くわしく
 巣箱がけ 2018.4/8 おとなの部活
 薪になってしまうはずだった西川杉端材の表皮があまりにも綺麗だったので小型化第2号巣箱を作ってみたが、里山センターにある「ぽろたん」栗の木にかけてみた。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -20- 2018.04/07 森の学校
朝から宮前小どんぐりやまビオトープの立枯れ木伐採支援に駆けつけ、その後伐倒木の薪割り作業、薪作り作業、里山センター整備作業にと頑張った。それにしてもすごい機動力と参加者の多さ!
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -19- 2018.04/06 森の学校
ブルーシートのタープテントスペースが「応急」から「仮設」に格上げ。薪原料になる西川材による材料流用の作業。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -18- 2018.04/04 森の学校
西川材(端材)による巣箱づくり。木に掛けるにはちょっと重すぎか。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -17- 2018.04/03 森の学校
薪作り。なかなか数量は増えない。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -16- 2018.04/01 森の学校
天候良好。薪割り急げ!で1日薪割り。
    >>くわしく
 鞍掛山展望台散歩 2018.3/30 川の学校

 昨年河川見学会で工事中の展望台に行ったが、今回シーズン前に完成した展望台に登ってみた。

    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -15- 2018.03/29 森の学校
縁側軒先にブルーシートの応急タープテントスペースを作って作業。今年最初の真夏日だったということと、快晴で紫外線がきつかった対策。
    >>くわしく
ゆずの里オートキャンプ場 2018.03/28 森の学校
毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の売店にて今シーズンより「里山薪」が販売されることになった。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -14- 2018.03/27 森の学校
薪割り作業。ひたすら伐倒大木の薪割り。腰が・・・痛い。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -13- 2018.03/24 森の学校
作業参加メンバーが多かったので、やっと伐倒作業に取りかかれた。本日はコナラの「細い」樹2本。軽トラ3台体制での搬出作業。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -12- 2018.03/12 森の学校
本日は薪割り作業2班。それに電動丸ノコ盤運搬班。いろいろなものが着実に進んだ暖かな1日だった。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -11- 2018.03/12 森の学校
薪割り作業。綺麗に積み上げたがまだまだ多量の玉切り木が残っている。
    >>くわしく
 比企丘陵農業遺産推進協議会応援フォーラム 2018.3/11 川の学校

 比企丘陵の伝統的ため池農法を農業遺産に登録しようとの動きから上田埼玉県知事が基調講演をするフォーラムが盛大に開催された。実質的な決起集会。

    >>くわしく
環境学習会2018(3) 2018.3/11  

「思いやり経済システム〜電力会社のサードウェーブ〜の講演があった。HappyEnagyのCOO西本さん。目から鱗の発想の事業紹介。代理店となって事業参画するか?契約して我が家の電力事情からソーシャルアクションに繋げるか?

     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -10- 2018.03/10 森の学校
先週のコナラ大木の玉切り木回収作業。滑車で人力引き上げしたので作業は格段に楽にはなったが、気合いを入れて真剣勝負の全力綱引きが腕の筋肉を鍛えた?か。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -9- 2018.03/06 森の学校
ゆずの里オートキャンプ場より電動薪割り機をお借りしての細い薪作りに挑戦。
     
 里山センター農園ジャガイモ植え付け 2018.3/4 おとなの部活
 立春!庭先の極小農園に丘陵ホタルを守る会が行なった「里やまのめぐみ頒布会」で頂いた完熟腐葉土を元肥に男爵薯1kgを植え付け。
     
蘖造(ひこばえづくり)2018 -8- 2018.03/03 森の学校
今までの最大級コナラ大木の伐採と玉切り作業。6名が集まったので気合いを入れ頑張った。玉切りを持ち帰るのに根本付近のものは4人がかりで軽トラ積み込み。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -7- 2018.02/25 森の学校
コナラの伐採と玉切り作業。久々にメンバー5名が集まったので大木切りに精を出すことになった。手馴れたもので、午前中にはほぼ玉切り完了。元田んぼの湿地に中に落ちた枝の処理に時間がかかったが、もう人海戦術で片付けるしかない。昨年2月唯一伐採したクヌギからのひこばえを「もやがき」して、成長の方向づけをした。これぞ蘖造。
    >>くわしく
 川の国応援団「西部及び東松山環境事務所管内会議」 2018.2/20 川の学校

 川の国応援団関連団体と行政が集まって情報提供と各団体の活動報告があった。第一回とのことなので末席に加わった。参加団体が17、行政機関が21の大会議だ。

    >>くわしく
 環境学習会「市民参加による里山林の保全・管理を考える」 2018.2/18 森の学校
 2月18日、東松山市環境基本計画推進委員会主催の講演会が市役所総合会館であり参加した。
    >>くわしく
 旧厩の整備2 2018.2/16 おとなの部活
 扉制作!。あとは錠。
    >>くわしく
 旧厩の整備 2018.2/10 おとなの部活
 少しずつ清掃作業や整理を行ってきて、約4坪の壁なし空間ができた。今回壁作りと、扉工事をしてなんとか使えるようにしようということで作業した。
    >>くわしく
 宮前小ビオトープ授業支援 2018.2/9 川の学校
 滑川町の宮前小学校「どんぐりやまビオトープ」の体験学習支援。3年目となる支援活動だが、今回は水路の落ち葉すくいと林床の枯れ枝片付け作業の見守りと立ち枯れ木の伐採。
    >>くわしく
 埼玉県グリーン・ツーリズム推進協議会見学会 2018.2/8 おとなの部活
 2月8日の10時すぎから、埼玉県グリーン・ツーリズム推進協議会のフォローアップセミナーとしての里山センター見学会が催され、8名の方々が訪れた。
    >>くわしく
 川の再生交流会 2018.2/3 川の学校
 埼玉県主催の川のイベントに参加。収穫は知識ばかりでなく、オリジナルブルゾンも。
    >>くわしく
 里山センター雪景色 2018.1/25 比企自然学校
 冬の陽があまり届かない前庭には根雪が残って、冬眠状態。でも薪ストーブの暖かさで快適な「ふゆごもり」の場に!
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -6- 2018.01/18 森の学校
薪割り。2人作業でのべ10時間。これで約3空立米の薪が出来上がり、薪棚に積み上げられた。機械で薪割りするのでそれほど大変そうには見えないが、玉切り丸太を薪割り機にセットしたり、薪棚に積み上げたりするので結構な運動量。ま、スポーツの一種で体は鍛えられるが、その後2〜3日足腰に来るので日頃の運動量が問われるところ。成果が目の前にあって見ることができるのが唯一の達成感。
蘖造(ひこばえづくり)2018 -5- 2018.01/14 森の学校
新年最初の伐倒作業。遠くで落葉掃きイベント中のなか、直径30センチのコナラを2本伐採。4人で玉切り運搬。徐々に作業手順も慣れて来たので早く片付いた。道路横断の玉切りはがんたを使って回転させ一気に切断。イベント中なので交通量もあり優雅に通行止をしている場合ではない。現場ではティンバージャックも大活躍で使い慣れしてきた感。
 鏡びらき 2018.1/8  
 成人の日に里山センターに飾ってあった大きな鏡餅をみんなで食べようとということになり、三々五々お集まりいただき、おしるこにしていただきました。初仕事ながら、比企自然学校、岩殿満喫クラブ、児沢探検隊、比企の川づくり協議会のメンバーが参加して地域の活動団体賀詞交換会のようなものとなりました。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2018 -4- 2017.12/23 森の学校
薪割りしたあと置くところがないので、入り口塀の前に並べた。北側なので乾燥が上手くいくか心配なので井桁組の隙間開け積みをしてみた。隙間があるので不安定だが仮組みなので、春先には屋根のある薪棚に移す予定。これで終わらないので庭の端に野積みで積み上げた。これも同様に春先には屋根のある薪棚に移す予定だ。
蘖造(ひこばえづくり)2018 -3- 2017.12/20 森の学校
みなさん年末で忙しいので中止かと思いきや、2人揃ったので薪割りに精を出した。半日仕事ながら大木一本分を割り切った。ざっくり2空立米の容積。玉切りの長いものは再玉切りできれいに薪割りしよう。
蘖造(ひこばえづくり)2018 -2- 2017.12/16 森の学校
単管パイプクレーンで湿地の玉切りを引き上げた。玉切りに巻いたスリングベルトが引き上げるとあちこち泥だらけ。それでもほぼ完璧にしかも簡単に道路まで移動させることができた。粗朶類はリアカーで引き上げ、綺麗に片付けることができた。
蘖造(ひこばえづくり)2018 -1- 2017.12/08 森の学校
落ち葉となった里山で今シーズンの初仕事は大木コナラの伐採。整備されたチェーンソーで久々に切り込んでいくが、まだ目立てが上手くないのかちょっと残念な結果、取っ替え引っ替えの作業となった。年輪数えると58まであった。道路の反対の湿地に幹が落ちたのは大変。段差が大きいので幹に登っての玉切り作業。根本は60センチくらいで重いので3人掛かりで軽トラックの荷台に載せて無事運ぶことができた。久々なので体のあちこちが筋肉痛。スポーツ的爽快感!!!
「里山センター」整備作業 2017.12/2  
師走に入った最初の土曜日、関係者9名の参加で懸案の整備作業を一気に行いました。集合時間に先立ち、薪ストーブには火を入れ暖かくして、庭にはMOKIの無煙かまどストーブを焚き火がわりの暖を取る手段に。三々五々集まってそれぞれの分担を決めて作業しました。
    >>くわしく
「冬の野遊び」 庭で焼き芋&コーヒー 2017.11/18 おとなの部活
MOKI無煙かまどストーブを庭に引っ張り出し、暖房を兼ねながら石焼き芋。ちょっとの作業で設営完了の安近短。いよいよ寒気が押し寄せて寒い中、背中は寒いが前は暖か。できるまでにアウトドアや里山センターの四方山話。低い座高のホールディングチェアとテーブルは至福の時間を作ってくれました。出来上がった焼き芋は申し分なく香ばしく、初冬の午後も簡単に身近でアウトドアが楽しめたひと時となりました。
    >>くわしく
東松山市環境みらいフェア出展 2017.10/07 比企自然学校
里山再生「蘖造:ひこばえづくり」登録の環境基本計画市民プロジェクト参加団体として活動紹介展示と物販販売を行いました。物販は「きころのろうそく」で、話題性先行で人寄せには貢献しましたが、販売は数える程。薪ユーザー発掘はチラシ配ったのでしばらく待ちましょう。多くのみなさん見に来ていただき、いろいろな情報交換と活動紹介がおこなわれました。
    >>くわしく
ヨット 2017.09/21 川の学校
ほぼ新品の11フィート(3.3m)のヨット「Tripper」(都市構造研究所)が新たに川の学校に加わりました。どこで使うか?それが問題。いつものフィールドでは川風で期待できないので、ボートとして使うことで活用してみようということに。もう来シーズンかな?
    >>くわしく
 河川見学会「鞍掛山展望台見学会」 2017.06/24 川の学校
『「川のまるごと再生事業」と「くらかけ清流の郷」のまちづくり』をサブタイトルに比企の川づくり協議会主催、比企自然学校共催、東松山市後援、東松山県土事務所協力のもと開催された。まだ完成していないので、課題も多くあったが、楽しい場所になるのを期待したい。
    >>くわしく
クリーンナップ!里山センター 2017.8/10 おとなの部活
専属管理人・除草達人のKTさんが頑張ります。草との競争ですが、今までにない綺麗な環境を作ってもらっています。感謝!
    >>くわしく
 庭先農園 2017.7/23 おとなの部活
 今まで草ぼうぼうの近づけなかった築山の伸びきった樹木の整理と除草をした結果、広い(といってもささやかだが)土の見える空間ができた。そこに簡単に育つものということで、ナスとオクラを植えたところ、あっという間に収穫期。訪問者のお土産になったり自家消費の地産地消、無農薬!!
    >>くわしく
 お疲れ様BBQ 2017.6/11 おとなの部活
  ゴールデンウィークには終わらなかった薪割り作業もなんとか決着がつき、いよいよ夏の「川」シーズンが本格する前に慰労会を兼ねてバーベキュをおこなった。10名近くの参加をえて、材料費のみの出費で心置き無く食べたり飲んだりダベったり。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2017 -5- 2017.04/30 森の学校
昨日薪作業小屋に運び込まれたサクラとチョウセンゴヨウの玉切りを薪にした。もう一方では薪サイズに合わない玉切りの再玉切り作業。暑い中お互いに頑張る。
 入間川菅間堰稚アユ標識放流イベント 2017.4/30  
 ゴールデンウィーク真っ最中の4月30日、快晴の中行われたイベントに参加した。主催は荒川流域ネットワーク。入間川水系への自然溯上アユ復活事業として毎年この時期に標識放流イベントが行われている。今年は盛況だ。参加者80人とのこと。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2017 -4- 2017.4/27 森の学校
公園伐採木などをいただく。サクラ、チョウセンゴヨウ、シラカバ、カシ、ヒノキ、スギ、ユズ、シラカバ等々多種多様。6トン分運び込まれた。
蘖造(ひこばえづくり)2017 -3- 2017.4/22 森の学校
折角薪棚に積み上げて今シーズン終わりにしたのに、崩落発生!。きゅうきょ積み直しの作業が発生してしまった。また、椎茸ホダ木の本伏せを行なった。これで来年の秋を待つ。
 里山センター清掃作業 2017.4/22 おとなの部活
 呼びかけもしないのに、三々五々集まった人たちで里山センターの清掃作業、整備作業を行なった。お楽しみはダッジオーブンの燻製作りとたけのこの水煮。それに作業が終わった後の薪で沸かす檜風呂。
    >>くわしく
蘖造(ひこばえづくり)2017 -2- 2017.4/16 森の学校
本日の作業は玉切り丸太の巻き上げ作業と今シーズン伐倒した切り株の調査。50〜60年ものを12株伐ったことがわかった。全て大木。あとはひこばえが出るかどうか来シーズンに確認することになる。持ち帰った玉切り丸太はすべて薪にしたので、今シーズンはこれにておしまいとした。
蘖造(ひこばえづくり)2017 -1- 2017.4/9 森の学校
天気予報では雨だが降っていないので新芽が少し出たシデの大木を伐倒した。伐倒後の切り株からはじわじわと樹液が滴り落ち、若葉の準備中がよくわかる。足場の悪い中、枝整理作業を行なっていると雨脚が早くなり、斜面の篠竹が足元を不安定にする。危険になったので作業中止し、引き上げた。午後には薪割りをしたが、もうこのシーズンも終わりにしなければならない状況となった。
 鞍掛清流の郷テレビ取材 2016.7/23  
 5月1日に埼玉県まるごと川の再生事業で整備されオープンした「鞍掛清流の郷」で「親子川遊び教室」のテレビ取材があった。
    >>くわしく
 第30回沼まつり 2015.10/18  
 10月18日に開催された沼まつりでは比企自然学校は沼で採れた水棲生物を展示する「ミニ水族館」と、捕れた魚を触ってみる「タッチングプール」それに「ザリガニ釣り」コーナーを運営しました。
    >>くわしく