TOTO水環境基金助成事業

比企丘陵には、雑木林に囲まれた小さな田んぼ、いわゆる谷津田(やつだ)が多くあります。
例えば、谷津田の水源であるため池は、滑川町には200池、東松山市には100池あると言われております。
谷津田は、比企丘陵を代表する美しい風景ですが、耕作放棄地が増えつつあります。

 比企自然学校では、生きもの豊かで美しい谷津田の風景を保全するため、平成24年度、東松山市岩殿の児沢地区に『田んぼの学校』を開設しました。

新聞記事

 TOTO水環境基金様からの助成をいただき、田んぼ再生に必要なトラクターなどの機械調達や運営資金についてのご支援並びにお米づくり作業の支援をいただくことができ、また、地元農家の方々のご協力をいただき、近隣の親子、都内の親子のお米づくりの体験田んぼとして、活用しております。
再生した田んぼには、メダカ、ドジョウ、ヤゴ、エビ、巻貝など、様々な生きものを育んでおります。
 なお、田んぼの学校は、独自の運営体制が構築できたため、平成27?年度から名称を「岩殿満喫クラブ」として独立した運営が開始されました。

   

更新:2015年10月27日