掲載 20 22.2/27

      2022年2月27日

 里山林の間伐作業と薪割り

 春も近く、強い風(多分春一番)が吹く中、間伐班と薪割り班総勢8名で作業を行なった。
 間伐班が早々と搬入するので、荷台に置いたままその玉切り木をすぐに薪割り。位置エネルギーとしては水平移動のみで少しは負荷軽減になった。
 重い玉切り木を薪割りベッドの左右についたガイドテーブルを使って載せていたが、ついに止めボルトが破断しテーブルが宙ぶらりん。繰り返し剪断力による疲労破壊?か。ボルトが取り出せない。復元修理には時間がかかるので、別置きスチールアングルテーブルを作ることにした。