掲載 2021.12/19

        2021年12月19日

 ピッツァ ディ キャンプ

 この寒空に30人近く!!が里山センターに集まり、石窯ピッツァを堪能した。
 朝からみなさんそれぞれの役割をこなし、石窯は材料の揃わないうちに準備万端の温度。照射温度計で温度管理はバッチリ。
 庭先ストーブはなんとなく人だかり
 新入生(?)の挨拶もあってオーピニングから盛り上がり
 最初は材料仕込みが大変だ・・・。 今回もほとんど食べる役回りで楽させていただき感謝。
 薪ストーブにあたりながらの石焼き芋もおいしく大満足
山のようにいただいた飲み物の数々! プロフェッサー窯焼き達人
 太鼓も体験 いろんなことができるんだ! カヌーも雰囲気体験 春が待ち遠しいネ
 それぞれの談笑も進む。今回はご近所交流で「高田博厚と遊ぼう会」の方々も合流。
 
 パンデミックの(終息を願うが・・)谷間、やっと開けた会員中心のディキャンプだったがそれぞれ可能な限りの感染対策をして熱々の各種ピッツァを楽しめた。お腹いっぱいになりかけた頃のものはトッピングも充実し、焼き加減も絶妙になったが無念の満腹(残念ながら食べる方に夢中になり写真はない)持ち込んでいただいた郷土料理は新潟山形地方で正月に食べられる伝統料理の「なます」、今年頑張った干し柿が入っており、必須とのことで干し柿の新たな食べ方で美味しくいただく。また寄居の「大根の柚子巻き」、こちらは口の中で鼻に抜ける柚子の香りが絶品。皆さんの意見ではどちらもなますではということだったが、とにかく珍しいものを美味しくいただき、食べきれないものはお土産となった。石窯は最高!の1日でした。