掲載 2021.8/28

 生垣・庭木剪定

 本来なら、きょうは朝からカヌー体験会を行う予定で計画していたが、コロナ禍第五波の深刻な状況にあり残念ながら「不要不急」は延期することになった。そこで、対応予定スタッフと比企自然学校里山センターの生垣および庭木の剪定作業を行なった。陽が当たらないところにある生垣と薪作業小屋まわりの庭木の剪定が主な内容。
 前回は2017年12月に行なっているので4年ぶりか。それにしてもよく伸びるものだ。
 シラカシの生垣はほとんど陽が当たらないところにあるとはいえ、結構伸びてしまい、幹をチェーンソーで伐ってから剪定鋏で綺麗に仕上げていった。
 人手があるものだから運び出し専任部隊が次々に軽トラに載せる。
最後は綺麗に掃き掃除 軽トラに山積み
ちょっとまだらな生垣なので場所によっては生垣越しによく見通せるようになった。
 総勢6名の午前中の作業でした。休み休みやったとはいえ、人手があると流石に早い!