掲載 2021.7/22

 カヌー試験漕艇

 本日の熊谷最高気温36℃との天気予報の中、オッサンたちの「海の日」は新造3号艇の初漕ぎ出し。
 手作りカナディアンカヌーと手作りパドル。埼玉県は未だ「蔓延防止措置」の中、荒川で河原に近づける数少ない場所となった玉淀大橋上流側右岸、早く着いたつもりが、もうテントと車でかなりの数。大きな玉石の河原に機動力のある4WDの軽トラで乗り込む。
 タープテントを張って、まずは自分たちの居場所づくり。タープの下では川風が心地よく思いのほか快適だ。
 2号艇と3号艇の安全祈願でシャンペンシャワーセレモニーを行なった。シャンペンが買えないのでスパークリングワインとしたら、コルク栓だった。栓抜き忘れで大変なことになりながらなんとか実施。
 初漕ぎ出しの3号艇 遠くには秩父の山々。
 今日の参加3艇の川上りパドリング
 通称0号艇の新カラーリング+ストレッチシートで楽しむ
 閉鎖中のかわせみ河原流域に遠征。川の博物館の回っている大水車をみながらカワウの巣窟でUターン。さすがに岸には人出はなかったので快適なカヌーツーリングとなった。
 (多分遊泳禁止だが)多くの人が水浴び・遊泳しだしたので、カヌーは終わりにした。