掲載 2020.11/1

  2020年11月1日

 美濃柿の収穫

今年は7月の長雨、8月の猛暑により柿の出来が相当悪いとの情報をもらいながら、参加者6人で機材を積んで柿収穫に出向いた。
 今回はご好意に甘え、3本の柿の木から収穫。最初は枝落としで柿を採る方法。高所作業で枝切りと下で待ち構えて枝からもぎとり、落ちた枝をチェーンソーで細かく裁断。
 3本目は高枝バサミで採る。高いところは木の登って高枝バサミで下からたも網キャッチ。途中で枝に引っかかって落ち、うまくキャッチできないで割れてしまったもの多数。今年は昨年のように収穫籠が足りなくなる事態とはならず、はやばやと終了となった。あとは参加者がそれぞれ、自分流の干し柿作りで、来月にはそれぞれの出来具合から、おいしい自慢話が聞けそうだ。