掲載 2020.7/25

 カナディアンカヌー 再生作業 その6

  2020年7月25日
 船体成型  

 舳先の再構築が終わり接着が安定したので、はみ出しストリップ材を切り出し、ベルトサンダーで研磨。船底にあったキールはガラスクロスの密着度の心配から剥がし、跡の凸凹はパテ埋めより見栄えの良い薄いストリップ材を貼り付けた。

一部腐食して黒ずんで窪んでいたところはストリップ材を部材に合わせて貼り付け、全体を磨いた。

 デッキの仕上げ  

 接着後落ち着いたので、デッキ形状の仕上げをジグソーとトリマーそれにベルトサンダーで行った。

 スォート制作と仕上げ  
 オリジナルデザイン形状を、ジグソーで切り出し、トリミングして研磨仕上げ。今度のデザインなら、しっかり船体強度を確保できそうだ。
 ガラスクロス仮置き  
 ガラスクロスを仮置きして一区切り。天候の回復を待つことに。