掲載 2020.7/18

  2020年7月18日

 カナディアンカヌー 再生作業 その2

 船体グラスシート剥がし
 雨の土曜日、それぞれ集まれる人で作業に取り掛かった。船体はスクレーパーとチゼルでグラスシートのハツリ作業。船体中央に走っていたちょっとうねっていた後付け加工のキールは取り除くことにした。下に隠れていた接合部はヘリンボーン模様できれい。
 
 デッキ分解

デッキはビス留めだが、上からコーティングされているので+ねじ山が出てこない。壊して外すことにした。外してみたところバウ、スターンとも腐食が進んでいて、作り直しが必要だ!とわかった。

今まで、ゴム系の接着剤、シリコン系のシーラーで行った修復の上にニス仕上げなので、特にゴム系の跡は黒いゴムが材木の奥までべったり入り込んで面倒な状態。またフワフワのゴム系接着剤の上にニス塗装なのでかさぶた状態で浮いており、ここの隙間から水が木部に入ってしまっていたようだ。

 午後も雨が止まないので、カヌーの勉強ビデオ講座を観て、終わりとした。