掲載 2020.6/29

カヤックの補修

         2020年6月27日
 朝から大雨警報の出ている日曜日、動けないので懸案のカヤックシートバッククッションの宿題補修作業に取り掛かった。
 6月17日の総点検で、クロスファイアから紫外線によりボロボロになったシートバッククッションをなんとかせにゃと取り外しておいた。ベルト部分を残し、クッションとカバーシートをなんとかすれば再生できると材料探し。
 課題は結構強度の必要な、しかも柔軟性ある芯材探し。床のリフォーム用塩ビシートが最適ということになり材料が揃った。あとは分解・縫製・組立作業。
 よくまあ、ここまで我慢して使ったものだ。保管というより放置が原因。薄いナイロン表皮は紫外線にめっぽう弱い。しかしながら耐光性が考えられていない材料構成だ。中のウレタンもぼろぼろ。慎重に分解して採寸。
 表皮は強度を持たせるべくキャンバス地を用い仕上げることができた。こちらも紫外線に強い方では無いが、ナイロンよりは長寿命。色あせくらいは我慢。