掲載 2020.4/4

 蘖造:ひこばえづくり2020-20-

  2020.4/4
 新型コロナウィルス肺炎パンデミックが身近に迫っており、週末の不要不急の 外出自粛が叫ばれている中、活動案内も出さない中、あつまった人たちがマスク姿で薪割り作業をした。サクラも散り出し、もう里山は新芽で黄緑色の景色に一変しており、間伐作業は終わりの時期だ。
積み上げてあった玉切り木の横に薪割り機を持ってきて効率よく薪を割った。
割った薪で作業小屋の壁がほぼ出来上がり。薪割りを待つ玉切り木ももうわずか。