掲載 2020.3/19

 入間川探索

 初夏を思わせる陽気に誘われて、入間川のカヌー適地探索に出掛けた。いつもの都幾川は昨秋の台風被害の復旧工事でノーテンキな川遊びなど出来ない厳しさ。入間川も自治体公式ホームページからの情報では悲観的。見るだけでもということで、新艇を載せて行ってみた。入間川昭代橋下(多分田島屋堰下まで)から上奥富堰間はカヌーにとってはたのしい場所だ。現地ですでにカヌーをしている人発見、いろいろ聞いてみて、接岸可能な川岸から乗り出すことに。台風のおかげで土砂の堆積があり、浅瀬が増えたとのアドバイスもあり、おそるおそる漕ぎ出し。
 待望の新艇の漕ぎ出し!となった!!堰の近くにはオオバンの群れがいて、カヌーが近づくと逃げて水面から一斉に飛び立つ。白い嘴が一方向に向かっていくのは壮観だ。
 気温は20℃ははるかに越え、桜が開花した河川敷の遊歩道あたりではバーベキューなどのグループがみられる。みなさん新型コロナウィルス外出自粛のストレス解消対策屋外活動か?