掲載 2018.4/29

テーブル・ベンチつくり     2018.4/29

いろいろな作業を庭先で行うようになったので、長年転がしておいた半割り丸太などが邪魔になり、使い道がなければ玉切りにされて薪になってしまうので、加工することにした。

今年伐倒で薪にするには大きすぎて面倒なの二又幹の大木部分をテーブルに加工して、天板部分を仕上げた。まだ乾燥半ばなので、この後慎重に見守ることになる。

半割りの半分はお風呂への渡り廊下用に、もう一つはベンチに。

チェーンソーで半割りにした面は流石に平面にするまで大変な作業。ここは電動カンナでひたすら削ってほぼ柾目の香り高い杉板になった。

ベンチはできたものの、動かすのに重いのでどこか定位置を作らねばならない。それまでは右往左往・・・。スクリューどめの接合は弱そうなのでどうなることやら。