掲載 2018.2/21

川の国応援団「西部及び東松山環境事務所管内会議」2018.2/20

2月20日に西部及び東松山環境事務所管内(具体的にはどこまでを指すか正確には理解していないが)の川の国応援団関連団体と行政が集まって情報提供と各団体の活動報告があった。第一回とのことなので末席に加わった。参加団体が17、行政機関が21錚々たる大会議だ。

情報提供として荒川流域ネットワークの鈴木勝行代表から「西部・東松山地区の河川の遡上環境改善の取組みについて」という講演があり、入間川、越辺川、都幾川水系のアユ遡上についての魚道の整備状況と識別放流の効果など興味深い話があった。
その後、参加17団体の活動報告があり、比企自然学校からは不遜にもなにも報告書らしきものは提出していないながら、事務局準備のホームページ貼り付け資料「川の学校」に基づいて説明を行った。
 それぞれの団体が長い期間活動を続けておられるという継続性、それに活動への取り組みアイデアなど参考になる話を聞くことができた。散会後興味ある団体へ個別に話を聞く機会がなかったのがちょっと残念。